宝石図鑑

GREEN GARNETグリーンガーネット

GREEN GARNET

~心身を癒す、現代人に必需品の宝石~

  • 主な産出地:ケニア、タンザニア他
  • 鉱物名:ガーネット
  • モース硬度:7
  • 効能:うつ病・頭痛・難聴・高血圧・腰痛・肩こりの改善、脳梗塞・白内障・緑内障・痛風・婦人科系の不調・更年期障害の症状の緩和、脊髄の矯正、心身のバランスの調整、マイナスエネルギーをとる

GREEN GARNETのエネルギー的な特長

 透明感のある優しい緑色のグリーンガーネットは、その清々しい色合いからも、観る人の心を癒してくれます。

 数ある宝石の中でも、特に多くの症状に効果をもたらすこの石は、多くに日本人にとって必需品といえます。

 

◇グリーンガーネットのエネルギー的な特徴

 

一 精神的なバランスを整える

 現代人に多いうつ病など、心の病に働きかけ、そこから来る様々な体の不調も緩和してくれます。

 

二 婦人科系の不調の緩和

 多くの女性が悩む、生理不順や更年期障害、不妊などに働きかけます。

 

三 肉体的な不調の改善

 腰痛、肩こり、頭痛などの慢性的な症状や、緑内障、白内障など普通ではあきらめがちな症状の改善にも効果的です。

 

 日本人の多くが日々のストレスやプレッシャーから、うつ病など心の病に侵されています。うつ病と診断されていなくても、精神的にモヤモヤとしてスッキリしない毎日を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

肩こり、頭痛、腰痛などの慢性的な肉体の不調も、実はストレスなど精神的なものに起因することが多く、精神的にバランスの良い状態に整えてくれるグリーンガーネットは、ストレスの多い毎日を過ごす私たちの強い味方です。

ペンダントやリングにして毎日身に着けてもいいですし、ルースのまま持って、家に帰ってから左手に持ってヒーリングしても効果的でしょう。

 

もうひとつ、グリーンガーネットの特徴ともいえるのが、婦人科系の症状への働きかけです。生理痛や生理不順から、子宮の病気、そして更年期障害による様々な不調など、年齢を問わず女性を助けてくれます。またグリーンガーネットを持つことで、不妊の悩みを解消することができた方もいらっしゃいます。

GREEN GARNETの豆知識

◆正式名はグロッシュラーライトガーネットだが、一般的に市場ではグリーンガーネットとして流通している。

 

◆各種ガーネットの中ではデマントイドガーネットに次いで評価が高く、日本での人気も近年高まっている。

 

◆内包物が少なく、透明感の高いものは評価が高くなる。

 

◆ギンザベルエトワールがケニアに所有する鉱山は、グリーンガーネットの産地として名高く、今後もたくさんの産出が見込まれている。

GREEN GARNETのヒストリー

ケニアのツァボ国立公園一帯で採れるグリーンガーネットは、国立公園の名前をとってツァボライトとも呼ばれている。

相性の良い宝石

グリーンガーネット・カラーチェンジガーネット・ロードライトガーネット

弱まった肉体・精神に底力とゆるぎない強さを与える。精神的なリセットにも強く、肉体の細胞も再生化する。

 

グリーンガーネット・レッドマラヤガーネット・ロードライトガーネット

精神的な落ち着きと、安定感を与え、落ち込みやすい人や考え込む人に、強い支えとなる。

さらに血流を巡らせる強さと前向きな意志を芽生えさせる。

お手入れの注意点

グリーンガーネットのモース硬度は7と、特別低くはありませんが、保管の際は他の宝石とぶつかり傷つけてしまわないよう注意しましょう。

ページトップへ