宝石図鑑

RHODOLITE GARNETロードライトガーネット

RHODOLITE GARNET

~マイナスのエネルギーをブロックする、現代人の必需品~

  • 主な産出地:タンザニア、マダガスカル、スリランカ他
  • 鉱物名:ガーネット
  • モース硬度:7.5
  • 効能:マイナスのエネルギーをブロックする マイナスのエネルギーをとる リンパの流れを助ける 神経痛の緩和

RHODOLITE GARNETのエネルギー的な特長

神秘的な紫をおびた深い赤色の宝石、ロードライトガーネットは、バラのような美しさの中に力強さを秘めた、多くの人にとって必需品ともいえる宝石です。

 

◇ロードライトガーネットのエネルギー的な特徴

 

一 マイナスのエネルギーをブロックし、取り去る

 ロードライトガーネットは多くの人が日々気づかないうちに受けてしまっているマイナスのエネルギーを身につけることでブロックし、さらに取り去ってくれます。

 

二 リンパの流れを助ける

 滞りがちなリンパの流れを改善し、老廃物の排出を助けてくれます。

 

三 神経痛の緩和

 原因不明なことが多い神経痛の症状を緩和、痛みを和らげてくれます。

 

 ロードライトガーネットの持つ最大の特徴は、なんといってもマイナスのエネルギーをブロックして、さらに取り去ってくれることです。

マイナスのエネルギーと聞いてもピンとこない方もいるかもしれませんが、私たちが毎日の生活の中で知らず知らずのうちに人や場所から受けてしまっているマイナスのエネルギーは、実は私たちの心身に様々な影響を与えています。

 原因不明の頭痛や肩こり、気分の落ち込みなど、病気というほどではないけれど、日常生活を妨げる不調の多くはこのマイナスのエネルギーが原因となっていることが多いのです。

 マイナスを受けやすい方は、まずそれをブロックすることが大切です。ペンダントやリングにして、外に出掛ける際に身に着けると良いでしょう。

 また、今日はマイナスのエネルギーを受けてしまったなという時は、ロードライトガーネットを左手に持ってヒーリングすると良いでしょう。身に着けた後やヒーリングの後は、必ず浄化することを忘れないでください。

 宝石で運気や才能を高めたいと思っていても、マイナスエネルギーを受けたままでは状態を好転することができません。まずロードライトガーネットを持ってご自身のマイナスエネルギーを浄化してリセットすることをおすすめします。

 

RHODOLITE GARNETの豆知識

◆ロードライトガーネットの名前は、ギリシャ語で「バラ色の石」が語源となっている。

 

◆十九世紀に産出された、デマントイドガーネットと並んで比較的新しい種類のガーネット。

 

◆現在は安定した産出があるため、価格も比較的安定している。また、他の高い評価を受けるガーネットと比べると大粒の石も産出される。

 

◆評価のポイントは透明度。透明度が高いものほど良品となり、反対に透明度が濁った印象を受けるものは評価が下がる。

RHODOLITE GARNETのヒストリー

1880年代に入って発見された、数あるガーネットのなかでも歴史の浅い石ですが、しっかりと歴史に名を残す逸話があります。

ロシア帝国時代、ウラル山脈から採れたロードライトガーネットはロシア帝国の繁栄を象徴する国石でした。そして、ロマノフ王朝のニコライ一世が崩御した際には、その棺を採掘時には20トンあったとされる伝説のロードライトガーネットが飾ったとされています。

相性の良い宝石

アウイナイト+ピンクダイヤ

マイナスのエネルギーで意識がぼやけている時、スーッとそのモヤを消していきながら上に引き上げる。意識を目覚めさせ、本来の自分、向上を目指す自分に気付かせてくれる。

カラーチェンジガーネット+グリーンガーネット

弱まった肉体・精神に底力とゆるぎない強さを与える。精神的なリセットにも強く、肉体の細胞も再生化する。

 

グリーンガーネット+レッドマラヤガーネット

精神的な落ち着きと、安定感を与え、落ち込みやすい人や考え込む人に、強い支えとなる。

さらに血流を巡らせる強さと前向きな意志を芽生えさせる。

お手入れの注意点

ロードライトガーネットの硬度はそれほど低くありませんが、お手入れの際や保管の際には他の石などとぶつけないよう気をつけましょう。

ページトップへ