宝石図鑑

RED MALAYA GARNETレッドマラヤガーネット

RED MALAYA GARNET

~マイナスを消し去る鮮烈な緋色~

  • 主な産出地:タンザニア、ケニア他
  • 鉱物名:石榴石
  • モース硬度:7.5 - 8
  • 効能:マイナスのエネルギーを瞬時に消し去る 血液の流れを促進する

RED MALAYA GARNETのエネルギー的な特長

 数あるガーネットの中でも大変稀少価値の高いマラヤガーネット。その中でも特に赤味が強いものは『レッド』マラヤガーネットと呼ばれ、魅惑的な赤い輝きを放ちます。

 

◇レッドマラヤガーネットのエネルギー的な特徴

 

一 マイナスのエネルギーを消し去る

 様々な不調の原因となるマイナスのエネルギーを瞬時に消し去ってくれます。

 

二 血液の流れを促進する

 滞っている血流をスムーズに流し、体を温めてくれます。

 

 レッドマラヤガーネットの一番の特徴は、持った人に溜まったマイナスのエネルギーを瞬間的に消し去ってくれることです。

 一日外出して人混みへ行ったり、たくさんの人に会ったりすると、私たちはどうしても場所や他の人からマイナスのエネルギーを受けてしまいがちです。

 パライバトルマリンやロードライトガーネットの様なマイナスのエネルギーをブロックしてくれる宝石を身につけて外出することも大切ですが、それでも何となく体が重くなったり、スッキリしないと感じることもあると思います。そんな時は、それをそのまま放置せず、できるだけ早くマイナスのエネルギーを抜き去ることが大切です。

 特別な力強いエネルギーで、瞬時にマイナスのエネルギーを消し去ってくれるレッドマラヤガーネットは、都会で暮らす現代人にとって必需品ともいえる宝石です。

 また、エネルギーを細胞の隅々まで行き渡らせて、血流も促進してくれますので、冷え性の方、体が疲れやすい方にとっても強い味方と言えるでしょう。

RED MALAYA GARNETの豆知識

◆種類が豊富なガーネットの中でも、特に珍しく稀少価値の高いマラヤガーネットは、パイロープガーネットとスペッサータイトガーネットの中間と呼べる構成からなる宝石。

 

◆パイロープガーネットはマグネシウムとアルミニウムが原因となって赤くなり、スペッサータイトはマンガンとアルミニウムが原因となってオレンジ色を発するが、マラヤガーネットはそのすべて、マグネシウム、マンガン、アルミニウムを有しているので、赤の中にオレンジをおびた不思議な色合いに輝く。レッドマラヤガーネットは、その中でも特に赤味の強いものを指す。

 

◆ケニア・ツァボ国立公園近くのナマンガというマサイ族が住む地域では、現在、岡本代表のケニアのグループ会社の管理の下、マサイの人々がレッドマラヤガーネットを採掘している。この地域はマサイの人々の土地であるため、他の人が立ち入って勝手に採掘を行うことはできない。

RED MALAYA GARNETのヒストリー

マラヤとはスワヒリ語で「部族外」という意味です。

1979年にタンザニアのウンバ鉱山から発見されたことから、ウンバライトとも呼ばれています。

相性の良い宝石

グリーンガーネット+ロードライトガーネット

精神的な落ち着きと、安定感を与え、落ち込みやすい人や考え込む人に、強い支えとなる。

さらに血流を巡らせる強さと前向きな意志を芽生えさせる。

 

カラーチェンジガーネット+エチオピアオパール

身体の疲れている部分に、エネルギーがすばやく入ってくる。ウィークポイントである細胞の活性化を促し、細胞の再生能力も高い。

 

お手入れの注意点

マラヤガーネットの硬度は特別低くありませんが、保管の際は他の宝石とぶつかり傷つけてしまわないよう注意しましょう。

また、マイナスエネルギーを消し去ってくれる宝石なので、ヒーリングに使ったり身につけた後は、こまめに浄化すると良いでしょう。

ページトップへ