宝石図鑑

COLOR CHANGE GARNETカラーチェンジガーネット

COLOR CHANGE GARNET

~心身に働きかけるレアストーン~

  • 主な産出地:スリランカ、マダガスカル、タンザニア他
  • 鉱物名:石榴(ざくろ)石
  • モース硬度:6
  • 効能:精神を安定させる 心身のバランスを整える 全身の様々な不調に働きかける

COLOR CHANGE GARNETのエネルギー的な特長

 光の種類によって色を変えるカラーチェンジガーネットは、色合いによって違った魅力を持ち合わせます。

採掘量が少ない大変稀少な宝石で、コレクターズアイテムとなっています。

 

◇カラーチェンジガーネットのエネルギー的な特徴

一 精神を安定させる

 不安定な心に働きかけて、穏やかな状態に整えてくれます。

 

二 全身の様々な不調に働きかける

 それぞれの不調がある部分に働きかけ、症状を緩和したり、痛みを軽減してくれます。

 

三 心身のバランスを整える

 心と体の不調和を整えてくれます。

 

 カラーチェンジガーネットは他の宝石のように体の特定の部位に働きかけるのではなく、その人が不調を抱えている部分に働きかけてくれる不思議な宝石です。

 左手に持ったり、ペンダントやリングにして身に着けたりすることで、自然と体の悪い部分に作用してくれます。

 免疫力を高めたり、心身の疲れを取る力もあるので、日頃から身に着けることで元気に過ごすことができるでしょう。

 また不安定な心にも働きかけてくれるので、不安に陥りがちな方、心身のバランスがとりにくい方にもおすすめです。

COLOR CHANGE GARNETの豆知識

◆カラーチェンジガーネットは自然光のもとでは青や緑、白熱灯のもとでは赤や茶、紫などに変化する。

 

◆なかでも上質のアレキサンドライトのように、美しい赤紫色から青緑色に劇的に変色するものは人気があり、稀少価値も高い。

 

◆アレキサンドライトのように変色するカラーチェンジガーネットでも、価格は宝石の王様であるアレキサンドライトほど高くないので、比較的手に入れやすい。

 

◆カラーチェンジガーネットは、パイロープガーネットとスペッサータイトガーネットの中間にあたる。

 

◆通常、パイロープガーネットとスペッサータイトガーネットの中間にあたるのはマラヤガーネットだが、生成過程で条件が揃った時にのみ変色効果があらわれ、カラーチェンジガーネットとなる。

 

◆色の変化は、多く含有するバナジウムや、その他の鉱物の微妙な入り方によって起こる。

 

◆採掘量が大変少なく、日本では近年までほとんど流通していなかったが、マダガスカルで良質の原石が発見されてから、市場に出回るようになった。

COLOR CHANGE GARNETのヒストリー

ガーネットは古代から親しまれており、聖書にも登場する宝石ですが、カラーチェンジガーネットが発見されたのは1970年代と近代になってからのことです。日本で流通するようになったのはまだこの数年と、歴史の新しい宝石です。

相性の良い宝石

・各種ガーネット(ロードライトガーネット、マラヤガーネット、グリーンガーネット、スペッサータイトガーネットなど)

・アレキサンドライト

・アレキサンドライトキャッツアイ

・キャッツアイ

・ブラックオパール

<カラーチェンジガーネット+アレキサンドライト+キャッツアイ>

3つを同時に持つと、一瞬にして宇宙空間にいるような高いエネルギーを感じる。

お手入れの注意点

カラーチェンジガーネットは水に濡れても問題のない宝石ですので、通常の手順で洗浄、浄化を行ってください。

ページトップへ