宝石図鑑

BLUE SPINELブルースピネル

BLUE SPINEL

~心の闇を光に変える~

  • 主な産出地:スリランカ、ミャンマー、タンザニア、タジキスタン、ベトナム他
  • 鉱物名:尖晶石
  • モース硬度:8
  • 効能:心の闇を光に変える 精神を安定させる

BLUE SPINELのエネルギー的な特長

 神秘的な青色の輝きを放つブルースピネル。近年人気の高まるこの宝石は、現代に暮らす私たちを助けてくれる特別な力を持っています。

 

◇ブルースピネルのエネルギー的な特徴

 

一 心の闇を光に変える

暗く沈んだ心を引き上げ、明るく転じてくれます。

 

二 精神を安定させる

不安定な気持ちを落ち着けてくれます。

 

 

 

ブルースピネルの一番の特徴は、心の闇を光に変えてくれることです。

多くの人は、日常で起こる悲しみや苦しみを心に蓄積し、過去を後悔したり、未来に不安を持ったりして、知らず知らずのうちに自分の心に闇を創りだしています。

この様な心の闇は、普段の生活では自分自身でも気づかない人が多く、そこには無意識で目を向けないようにしているのですが、ふとした瞬間にその闇が表面に現れ、心を覆ってしまうことがあります。

ブルースピネルはその様な心の闇を光に変えて、明るい心に導いてくれる宝石なのです。

 また、気持ちを安定させてくれる効果もあるので、ストレスで情緒不安定になりやすい人や、気持ちのアップダウンが激しい人にもおすすめです。

BLUE SPINELの豆知識

◆スピネルという名前はラテン語で「トゲ」を意味するスピナに由来する。これは結晶の形がトゲの様だったことから命名された。和名の尖晶石も同様の意味を持つ。

 

◆マグネシウムとアルミニウムが酸化した色石で、石の内部に入り込んだ内包物の影響で様々な色合いに変化する。

 

◆青色のブルースピネルは鉄やコバルトを内包しており、他にも内包物の違いで赤、赤紫、紫、ピンク、緑、オレンジ、褐色、黒、無色透明など、サファイアのようなカラーバリエーションがある。

 

◆スピネルはサファイアと同じ鉱山から産出されることが多かったことから、昔からサファイアや、サファイアと同じコランダムのルビーと間違われることが多かった。

 

◆このため、長らくサファイアやルビーの類似石としてあまり高い評価が与えられなかった。しかし近年、良質なスピネルが各地から産出され、その美しさに注目が集まり、人気が高まって市場価格も上がってきた。

 

◆スピネルの評価方法は他の色石と同様、第一に色の濃さ、第二に内包物の少なさ、そして第三に透明度と輝きを重視する。

BLUE SPINELのヒストリー

豆知識でも記した通り、スピネルは昔からコランダムに属する各種サファイアやルビーと間違われてきました。

イギリス王室の第一公式王冠の正面に配されている「黒太子のルビー」も、実はレッドスピネルだったことが後にわかりました。

相性の良い宝石

・UVガーネット

心の闇を光に転じる力をさらに強め、魂を向上させてくれます。

 

・レッドスピネル

心の闇を光に変えて、丹田に力を与え、揺るぎない安定感を与えてくれます。

お手入れの注意点

ブルースピネルは水に濡れても問題のない宝石ですので、通常の手順で洗浄、浄化を行ってください。

ページトップへ