宝石図鑑

PINK SAPPHIREピンクサファイア

PINK SAPPHIRE

~心身を明るく輝かせる、華やかなピンク~

  • 主な産出地:スリランカ、マダガスカル他
  • 鉱物名:コランダム
  • モース硬度:8.5
  • 効能:血液循環・リンパの流れを改善 気持ちが明るくなり、元気になる

PINK SAPPHIREのエネルギー的な特長

 色とりどりに輝くファンシーカラーサファイアの中でも、ひと際華やかな輝きを放つピンクサファイアは、幅広い世代の女性に人気のある宝石です。

 

◇ピンクサファイアのエネルギー的な特徴

 

一 血液循環・リンパの流れを改善

体内の循環をよくすることで、様々な不調を改善してくれます。

 

二 気持ちが明るくなり、元気になる

心を明るくして、気持ちをポジティブにしてくれます。

 

 ピンクサファイアは、心身ともに元気になるよう働きかけてくれる宝石です。

肉体的には体内の血流を促してくれるので、多くの女性が悩む低血圧や冷え性などの改善に効果的です。血行がよくなることで疲労感や肩こりなどの軽減も期待できます。

また、リンパの流れも促進してくれるので、むくみの解消や美肌にも効果的といわれています。

 精神面では、落ち込んでいた気持ちをパッと明るくして、内面からの輝きを引き出してくれるので、ついネガティブ思考に陥りやすい人にもおすすめです。

 心も体も元気に明るく毎日を過ごしたい人は、ペンダントやリングなどにして身に着けるといいでしょう。

PINK SAPPHIREの豆知識

◆ピンクサファイアを含む、ブルーサファイア以外のサファイアは、ファンシーカラーサファイアと総称される。ピンクの他にイエロー、ゴールデン、オレンジ、パープル、バイオレット、グリーン、ブラウンなどがある。

 

◆サファイアは、ルビーと同じコランダム。赤味の強いピンクサファイアは、ルビーと間違われたり、逆にピンクがかったルビーはピンクサファイアと間違われたりと、鑑別が難しいこともある。

 

◆ただし、ルビーは産出量が少ないこともあり、一カラットあたりの財産的価値はピンクサファイアよりも高く、購入時にルビーとして扱われるか、ピンクサファイアとして扱われるかで評価価格も変わってくる。

 

◆ピンクサファイアの色相は幅広く、右記のようにルビーのような赤みがかったピンクもあれば、淡いピンクもある。

 

◆ルビーや各種サファイアなど、コランダムに色合いの違いがでるのは、酸化クロム、鉄、チタン、ニッケルなどの金属元素がそれぞれに違った分量、配合で入り込むことからなる。

 

◆ピンクサファイアの主な産地はスリランカやマダガスカル。特にスリランカでは各種サファイアが産出されている。

PINK SAPPHIREのヒストリー

コランダムの中でも赤いルビーや青いサファイアは古くから注目を浴び、度々文献にも登場していたが、ピンクサファイアなどファンシーカラーサファイアが注目を浴びるようになったのは少し後のことです。特に中世以降、石のカット技術が発達してからは、その輝きと美しさが注目されるようになりました。

相性の良い宝石

ルビー、スタールビー、パパラチア、インカローズ、モルガナイト、ピンクダイヤモンド、アイドクレース、マラヤガーネット

お手入れの注意点

ピンクサファイアは水に濡れても問題のない宝石ですので、通常の手順で洗浄、浄化を行ってください。

ページトップへ