宝石図鑑

GRAPE GARNETグレープガーネット

GRAPE GARNET

~マイナスエネルギーを跳ね返す、力強いきらめき~

  • 主な産出地:モザンビーク他
  • 鉱物名:ガーネット
  • モース硬度:7
  • 効能:マイナスのエネルギーをブロックする マイナスのエネルギーを取る 血流・リンパの流れを助ける

GRAPE GARNETのエネルギー的な特長

 まるで熟したブドウのような紫色から「グレープガーネット」という特別な名前を与えられたロードライトガーネット。

 フレッシュなブドウのように、瑞々しい輝きで、心の曇りも取り去ってくれます。

 

◇グレープガーネットのエネルギー的な特徴

一 マイナスエネルギーをブロックする、取る

様々な不調の原因となるマイナスのエネルギーをブロックして、取り去ってくれます。

 

二 血流・リンパの流れを助ける

全身の巡りをよくして、体を元気にしてくれます。

 

グレープガーネットの効能は、基本的にはロードライトガーネットと同じですが、特筆すべきはそのエネルギーの強さです。

 特にマイナスのエネルギーを取り去ってくれる力はとても強く、瞬間的に、それまでなかなか抜けなかった原因不明の様々な不調をスッキリさせてくれます。

 また、マイナスのエネルギーをブロックする力もとても強く、例えるならば分厚い鎧を身に着けたかのように、マイナスのエネルギーから身に着けた人を守ってくれます。

 自分では原因がわからない、様々な不調で悩まされている人、一度よくなっても、また同じような不調を繰り返してしまう人は、グレープガーネットをヒーリングに使ったり、ペンダントなどにして頻繁に身に着けることをおすすめします。

GRAPE GARNETの豆知識

◆グレープガーネットは、紫色に輝くロードライトガーネットの通称。

 

◆ジンバブエとの国境に近い、モザンビークの西側にある二つの鉱山で産出されている。

 

◆一カ所は二〇〇九年に産出された、モザンビークのチモイオという町の近くにあるテトレ鉱山。このエリアは元々、ルベライトやグリーンガーネットの産地として知られていた。

 

◆テトレ鉱山付近は、不安定な政治情勢から危険も多く、産出状況も安定しないため、グレープガーネットの産出も安定しない。

 

◆もう一カ所は二〇一六年一月に発見された、パダガガ鉱山。現在約二百名の鉱夫たちが個人的に採掘を行っているが、大規模な機械をいれての採掘は行われておらず、深さも一~四メートルほどの比較的浅いエリアを掘っている。

 

◆このため、どちらの鉱山も産出は安定しておらず、稀少価値も高い。

 

◆これまでにもごく稀に、紫色の強いロードライトガーネットがタンザニアなどで産出されることはあったが、それらのほとんどはモザンビーク産のグレープガーネットほど透明感がなく、内包物も多かった。

GRAPE GARNETのヒストリー

ロードライトガーネットは、1880年代に発見されたガーネットの中でも比較的歴史の浅い石ですが、グレープガーネットはその中でもさらに歴史が浅く、2000年代になって発見されました。

相性の良い宝石

・ピンクダイヤモンド、イエローダイヤモンド

カラーダイヤの輝きが、グレープガーネットのシャープな力強さをさらに引き上げてくれます。

 

・各種ガーネット(グリーンガーネット、マラヤガーネット、マグマナイトガーネット、カラーチェンジガーネットなど)

力強くマイナスをブロックし、肉体面にも大きく働きかけてくれます。

 

この他、ブラックオパール、ステラエスペランサなど様々な宝石を組み合わせることができます。

お手入れの注意点

グレープガーネットは水に濡れても問題のない宝石ですので、通常の手順で洗浄、浄化を行ってください。

ページトップへ