宝石図鑑

BOULDER OPALボルダーオパール

BOULDER OPAL

~個性豊かな、虹色の輝き~

  • 主な産出地:オーストラリア
  • 鉱物名:オパール
  • モース硬度:
  • 効能:運気を高める・骨の病気の改善・関節痛の緩和・腰痛の緩和・胃腸の働きを助ける等

BOULDER OPALのエネルギー的な特長

 数あるオパールの中でも、ひと際個性的な様相を見せるボルダーオパール。七色の煌めきで多くの人を魅了します。

 

◇ボルダーオパールのエネルギー的な特徴

 

一 運気を高める

仕事をはじめ、様々な運気を高めてくれます。

 

二 骨の病気、関節痛、腰痛などの緩和

骨や関節に働きかけて、それにともなう痛みを緩和してくれます。

 

三 胃腸の働きを助ける

胃腸が不快な時、痛みがある時にヒーリングすると、症状を緩和してくれます。

 

ボルダーオパールは、才能や知性を高めながら、運気も高めてくれます。自分の個性を伸ばしながらキャリアアップしたい人におすすめです。

肉体的には胃腸や骨、関節に働きかけてくれます。慢性的に胃腸の調子が悪い方や、ひじやひざ等の関節痛、腰痛にお悩みの方は、ペンダントなどにして身に着けても良いですし、直接患部に貼り付けてヒーリングするのもお勧めです。

ボルダーオパールの効能は、ブラックオパールとほぼ同じです。ただ、ブラックオパールもボルダーオパールも他の宝石と比べて相性が合うものの幅が狭いので、どちらと決めずに選ぶことで、選択肢も広がってよりご自分にピッタリ合うものを出会うことができるでしょう。

BOULDER OPALの豆知識

◆ブラックオパールはオーストラリアのライトニングリッジ鉱山でのみで採れるが、ボルダーオパールはそれよりも北にあるオーストラリア・クイーンズランド州一帯の半乾燥地帯で採掘される。

 

◆ボルダーとは岩の塊のこと。ボルダーオパールは、鉄鉱石の岩の塊の隙間で発見されることから、この名前が与えられている。

 

◆ボルダーオパールは、母岩となる鉄鉱石の色の濃さによって、表面のオパールの遊色効果の鮮明度に違いが現れる。母岩が黒に近くなると、ブラックオパールにも似た鮮やかな色合いになり、逆に母岩が淡い茶色になると、表面のオパールもやわらかい色味になる。

 

◆ボルダーオパールは、母岩に帯状に入り込んだオパール層に沿って研磨されるため、表面が平らではなく波立つような形状になっていることが多く、さらに個性を際立たせる。

 

◆色の評価はブラックオパール同様、レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・バイオレットの順に評価が高いが、遊色の範囲やクリアな印象など様々な要素を複合的に判断する。

 

◆形もアシンメトリーで個性的なものが多く、デザイン的な面白さもある。

BOULDER OPALのヒストリー

ボルダーオパールは、1860年代後半にオーストラリアのBlackallという町で発見されました。

当初鉱夫たちはその価値に気づかず、わざわざ鉄鉱石を切り離してホワイトオパールのような形状で売られてしました。

1900年代になってようやくその美しさと価値が認められ、世界に流通するようになっていきました。

相性の良い宝石

エメラルド+ルビー/心身ともに究極の良い状態まで引き上げてくれる。エチオピアオパール、ブラックオパール、アレキサンドライト、グランディディエライト、オレンジサファイア、タンザナイト、スフェーン、パライバトルマリン、イエローダイヤモンド、レッドベリル

 

お手入れの注意点

ボルダーオパールは、水に濡れても問題のない宝石です。通常の手順でお手入れしてください。

ページトップへ