宝石図鑑

GREEN SAPPHIREグリーンサファイア

GREEN SAPPHIRE

~魂を解き放つ、ミステリアスなグリーン~

  • 主な産出地:スリランカ、マダガスカル、他
  • 鉱物名:コランダム
  • モース硬度:9
  • 効能:魂(カルマ)の浄化

GREEN SAPPHIREのエネルギー的な特長

 カラーバリエーション豊富なサファイアの中でも、特にミステリアスな輝きのグリーンサファイア。控えめながらも独特の存在感で、多くの人を魅了します。

 

◇グリーンサファイアのエネルギー的な特徴

 

一 魂(カルマ)の浄化

カルマが原因となる様々な心身の不調を緩和してくれます。

 

 原因はわからないけれど、なぜか肩が凝る、頭が痛い、やる気が出ない、心がモヤモヤする……この様な症状は、多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。こんな原因不明の様々な症状は、カルマが起因していることがあります。

 魂、カルマというと、よくわからないし、自分には関係ないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、カルマというのは簡単にいうと無意識でいつも同じように繰り返してしまう思考のパターンのことです。

 同じことが起こっても、それをまったく気にしない人もいれば、気に留めて思い悩んでしまう人もいます。その考え方のパターンが、様々な心身の不調となって現れてくるのです。

 カルマに働きかけてくれる宝石はピンクゾイサイト、スフェーン、グランディディエライトなどたくさんありますので、グリーンサファイアと組み合わせてペンダントなどにして身につけるといいでしょう。

GREEN SAPPHIREの豆知識

◆サファイアというと一般的にはブルーをイメージするが、実はオレンジ、イエロー、ピンク、パープル、ホワイト、そしてグリーンなど様々な色が存在する。これらを総称してファンシーカラーサファイアと呼ぶ。

 

◆サファイアと鉱物的には同じコランダムでも、別の名称で呼ばれるのがルビー。コランダムに酸化クロムが混ざり、赤くなったものだけがルビーと呼ばれる。

 

◆グリーンサファイアの色合いはエメラルドのような鮮やかな緑というよりは、落ち着いてミステリアスなグリーン。

 

◆グリーンサファイアの価値基準は、他のファンシーカラーサファイアと同じく、色、内包物(インクルージョン)、そして輝きの3つがチェックポイントとなる。

 

◆色は濃すぎて黒っぽく見えたり、逆に薄すぎても限定の対象となる。内包物は他のサファイア同様多いが、極端に美しさを損なわない限りは気にしなくても問題ない。

 

◆他のサファイア同様、スリランカ、マダガスカル、ミャンマーなどで産出されている。

GREEN SAPPHIREのヒストリー

サファイアは聖書など様々な文献で昔から紹介されていますが、これらはほとんどブルーサファイアのことです。このためブルーサファイアは、昔から大変価値の高い石とされ、現在ではとても高額になっています。しかし、グリーンサファイアは注目されていなかったがゆえに、ブルーサファイアほど高額になっておらず、お求めやすい宝石になっています。

相性の良い宝石

スフェーン、ピンクゾイサイト、アフガナイト、ダイアスポア、グランディディエライトなど、カルマの浄化に効果がある宝石との相性がよい。

お手入れの注意点

グリーンサファイアは、水にぬれても問題のない宝石です。通常の手順で浄化、洗浄を行ってください。

ページトップへ