新入荷・商品情報

2019-10-30NEW

~運気の波を逃さない、最強の組み合わせ~

<タンザナイト>

主な産出地

タンザニア

鉱物名

ゾイサイト

モース硬度

6~7

効能

運気を高める、精神を安定させる、芸術性を高める等

 

 世界的にも人気の高まっているタンザナイトは、昇龍のような力強いエネルギーで運気を高めてくれます。

 

■タンザナイトのエネルギー的な特徴

◆運気を高める

仕事、パートナーシップなど、様々な面で運気を高めてくれます。

◆精神を安定させる

不安な気持ちを落ち着けて、気持ちがぶれにくくなります。

◆芸術性を高める

自分の中に眠るクリエイティブな才能を開花させてくれます。

 

高貴な色合いのタンザナイトは、龍の石ともいわれ、昇龍のように力強く運気を高めたい方にぜひ持っていただきたい宝石です。

自分の内側にある潜在的な力、クリエイティブな才能を目覚めさせてくれる石なので、身に着けることで本当の自分の力を発揮して、今までとは比べものにならない活躍ができるようになるでしょう。

 

<ブラックオパール>

主な産出地

オーストラリア

鉱物名

オパール

モース硬度

6

効能

骨、関節の不調の緩和・腰痛の緩和・胃腸の働きを助ける・運気を高める等

 

神秘的で個性的な虹色の輝きを放つブラックオパール。相性のあったピースは、運気アップのベストパートナーです。

 

■ブラックオパールのエネルギー的な特徴

◆運気を高める

仕事運、金運などを劇的に高めて、今までの人生からシフトチェンジしてくれます。

◆骨、関節の不調の緩和

足首、膝、股関節、腰、手首、肘、肩などの関節や骨に働きかけ、痛みを緩和してくれます。

◆胃腸の働きを助ける

消化不良や胃もたれなど、日頃から悩む方の多い胃腸の不調を緩和してくれます。

 

 ブラックオパールは関節、骨、胃腸など肉体の様々な不調に働きかけてくれる宝石です。

 また、劇的に仕事運を高めてくれるので、経営者の方、転職を考えている方、今まで以上にキャリアアップしたい方にとてもおすすめです。

 ただし、ブラックオパールは現れる色や模様が一つずつ違うように、エネルギーの特徴も一つずつ微妙に違っており、持つ人と石の相性がとても重要な宝石です。ご自分にピッタリ合ったものを見つけて活用されるといいでしょう。

 

 

<アレキサンドライトキャッツアイ>

 

主な産出地

ブラジル・スリランカ・マダガスカル・タンザニア他

鉱物名

クリソベリル

モース硬度

8.5

効能

免疫力を高める・筋肉の疲れの緩和、肩こり・腰痛の緩和、自信をもたせる、向上心を高める、運気を高めるなど

 

アレキサンドライトの変色効果とキャッツアイのシャトヤンシー効果を併せもつレアストーン。

 

■アレキサンドライトキャッツアイのエネルギー的な特徴

◆運気を高める

リーダーの石でもあるアレキサンドライトキャッツアイは、トップに立って多くの人を導くリーダーの運気を高めてくれます。

◆自信を持たせ、向上心を高める

自分の本来の力を認めて、さらなる高みへと足を踏み出す後押しをしてくれます。

◆免疫力を高め、痛み・疲れを緩和

アレキサンドライトの特徴を兼ね備えているため、肉体的な様々な症状を緩和してくれます。

 

宝石の王様といわれるアレキサンドライトに、さらに一条の線が入ることで、 しっかりとぶれない軸が入ったリーダーの石となったアレキサンドライトキャッツアイ。組織のリーダーを応援し、サポートしてくれる宝石です。

持つ人個人の運気を高めるだけでなく、その人が携わるプロジェクトの運気にも力を貸してくれることでしょう。

また、肉体的にも様々な面からサポートしてくれる宝石なので、忙しい方、疲れやすい方には最適です。

 

<組み合わせた時の特徴>

タンザナイト、ブラックオパール、アレキサンドライトキャッツアイともに運気を高める力がとても強い宝石です。

運気が高まるとは、運の波に上手に乗れるようになることをいいます。どんなに周りにいい条件が揃っていても、その波に乗るのも乗らないのも自分しだいなのです。

タンザナイトは昇龍のように力強いエネルギーで地球や宇宙の力も味方にして、これまでとは違ったステージへと導いてくれます。

ブラックオパールは自分が本来持っている力を根底から目覚めさせてくれる宝石です。

アレキサンドライトキャッツアイは、直観力を高めて、自分が進むべき方向を見定め、新しい一歩を踏み出す後押しをしてくれます。

この3種類を組み合わせて持つことで、自分が乗るべき波、タイミングに、自然と

身をゆだねることができるようになるでしょう。

※宝石のヒーリング効果には個人差がありますことをご了承ください。

ページトップへ